お店のグレード

3 girls

性風俗には、色んな業種がありますが、ソープランドほどそのグレードわけがはっきりしたお店もありません。
グレードの分け方としては、4段階に分けることができます。

大衆店、一般店、高級店、最高級店の四段階です。大衆店が1万円程度の料金で、一般店が2万から3万円程度の料金、高級店や最高級店は5万円からとなっています。
サービスの質や、接客などは段階を上がるごとにレベルが上がっていきます。
グレードの高いお店になれば、個室浴室や、店内の内装などがかなり豪華になっているので働きやすさとしてはかなりのものです。
しかし、それなりのグレードが求められるので、それなりの研修でそれなりの接客態度が求められます。

ただ、安心してほしいのは、それなりの接客態度といっても、本当にそれなりのことなので肩に力を入れなくても大丈夫です。
お客さんの背広の脱がせ方や、タオルのたたみ方、服の脱ぎ方などです。また、基本的な接客用語から敬語の使い方までが必要となります。
どちらにしても、日常生活をしていたら自然と身についているはずのことなので、そんなに気構えなくても大丈夫です。

サービスの内容

2 hands touching hair

ソープランドの求人に応募する前に、詳しいサービスの内容は頭にいれておくべきです。
まずは、お客さんを迎える方法ですが、老舗店では、正座をして三つ指をついて迎えます。これは、待合室で待っていたお客さんを、プレイルームにお招きする時の作法です。

それからプレイルームに入ったら、お客さんと会話をしんがら服を脱がしていき、プレイルームの中の浴槽にお湯をためていきます。
お湯がたまったら、そのあとにお客さんの体を洗っていきます。洗う際に、スケベ椅子などを駆使して、色んなところを洗っていきます。
そして、洗い終えたら、一緒に入浴して入浴後も浴槽内で色んなサービスを提供します。

浴槽から出たら、通称アワ踊りと呼ばれるサービスを展開します。このアワ踊りとは、嬢が体中に泡を塗りたくって、マット状で体を使って客の体を洗います。
このアワ踊りが終わったら、次はベッドに移動してベッドでもサービスをします。

これが基本的なサービスですが、店舗ごとに違ったサービスも展開しているので、そちらはお店に聞くしかありません。

girl and smarphone

どんなサービスなのか

girl smiling

なんばで風俗バイトを見つけたいならこのサイトがオススメです。お得な特典もあってさらに稼げちゃいます。

短時間で稼げるお仕事と言えば、性風俗の王様と名高いソープランドですが、その実態は謎のベールに包まれています。
そこで、そんな風俗の王様のソープランドの就業環境から、給与体系までご紹介します。

そもそもソープランドというものが、どんなものなのかご存知ないという人もいらっしゃるかもしれません。
そこで、簡単にソープランドの歴史を紹介すると、もともとは高級サウナとして発達したサービスです。当時は、この当該サービスのことをトルコ風呂などと呼称していました。
この名称は、のちにトルコ大使館からの抗議によって変わることとなりました。そして、今日にのソープランドになったということです。

サービスの概要としては、風俗におけるサービスのほぼすべてを網羅したとも言えるものです。
ヘルスでやるような軽いサービスから、ソープならではのサービスまで堪能することができます。風俗の王様と呼称されるゆえんは、このサービスの豊富さゆえです。
さて、そんな風俗の求人に応募する際には、何に注意する必要があるのでしょうか?

ここで、安直にすぐに稼げる店を選ぼうとすると、痛い目にあってしまいます。
お給金が高いお店の求人にすぐに飛びついてしまいがちですが、そこはうぐっとこらえる必要があります。
まずは、自分にあったお店を探しましょう。求人にトライするのは、それからでも遅くはありません。
求人応募までには、色んな準備が必要です。

ソープの給料

girl using phone

ソープの給与体系について紹介します。
ソープの給与体系とは、風俗らしく歩合制になっていて、基本給はその日についたお客さんの数によって変わっていきます。
ただ、お店にも色んなプレイ時間やコースがあるので、それらも鑑みて給与は計算されます。

お店によっては、一日使い切りのコースまでありますが、当然そうなるとお客の払いも大きくなるので、嬢の取り分も大きくなるわけです。
ただ、これは高級店などの話で、大衆店になるとヘルスなみの回転率になるので、一日に何人もの相手をしていれば高級店なみに稼いでいる嬢もいます。
一概に、高級店なら稼げるとか、大衆店では稼げないというふうにならないのがソープの面白いところです。

ただ、ソープで気を付けるべき点は、実費負担があるお店には要注意です。
例えば、石鹸や、ローションや、名刺などの費用は嬢持ちであることが多いので、こちらは入店するまでに確かめておきましょう。
そうしないと後で後悔することになります。

給与体系としてはこんなところですが、求人に応募する際は、必ず自分の分析をしましょう。
前回でも解説した通り、お店にはお店の雰囲気があるので、その雰囲気にあわない子が入店してもあまり稼げないことになります。
従って、そんなに稼げないお店にいくくらいなら、自分の雰囲気にあったお店にいくべきなのです。